大林組のような株価は投資効果も高い

株価というのは小さければ予算が少なくても購入をしやすいものですが、そのような株というのはそこまで大きく値動きがあるわけではありません。
一方、1万円近い株価の銘柄というのは投資金額が大きくそれでいて1000円や2000円が簡単に動くものだけに、100株だけでも短期間で10万円から20万円の損益となるため人によっては変動が大きすぎるということになります。
株価がよく動けば狙った方向に動いた場合投資効果は非常に高くなりますが、逆に動いた場合には大きな損失を出してしまう恐れもあるだけにハイリスクハイリターンのものとなってます。

そのような時には投資効果を求めつつも、リスクが控えめである大林組といった銘柄を狙ってみるのもひとつの方法となります。
大林組は右肩上がりで伸びている銘柄であり、900円から1000円あたりを推移した銘柄となっています。
この辺りともなれば株価が全く動かないということもなければ、大きく崩れるということも少ないので高い投資効果を得ながらもリスクをおさえた投資をすることができます。
大林組は元々大柄な銘柄ということもあって、そこまで大きく値動きをするものではありませんが、それなりの株価があるので値幅を取るには十分な値動きがあるため、投資効果を期待することができるのです。
もちろん、このぐらいの株価の銘柄が全て投資効果が高くリスクが少なめかというとそのようなことはなく、低位株が短期的に3倍4倍となって1000円近辺になったという時には値動きも激しくなりやすいので、リスクも高まってしまいます。
そのため、リスクとリターンを秤にかけた場合大林組のように堅調に株価を伸ばして4桁近辺になった銘柄を選んでみると良いでしょう。